無料で依頼?

交通事故後について無料で弁護士に依頼をすることは出来る?

交通事故を起こしてしまった、巻き込まれてしまったというような場合には、さまざまな手続きや話し合いをしていく必要があります。被害者はどういった被害をこうむってしまったのか、加害者はそれに対してどういった責任を果たしていかなくてはならないのかなどは最たるものですし、そこではこれから支払うことになる賠償金、慰謝料などについても決まっていくことになるでしょう。ですがそうした交渉は殆どの場合、素人では難しいものばかりです。

加害者にしろ被害者にしろ、交通事故後には弁護士に相談をしたいと考えることもあるものですが、しかしそこでネックになるのが費用についてです。
弁護士に依頼すると数十万円以上が請求されることもあるわけですから「無料でなんとかできないか」と考えることもあるでしょう。
では無料で弁護士に依頼をすることは出来るのかと言うと、これはやはり、原則的には不可能だとして考えるほかありません。
弁護士も仕事であり、無料で対応をするということになると本当にサポートが必要な人に対応を出来なくなることも考えられるからです。

ですが事前に条件さえ満たしているのであれば、実質無料などで交通事故の対処を弁護士に頼むこともできます。
その条件として最もポピュラーなのは、被害者側が事前に保険で弁護士特約を付けている場合です。
この特約では平均して300万円まで依頼料を補填するというようになっていますから、殆どの場合、自分の持ち出しはゼロ円のまま依頼をすることが出来るのです。

もちろん保険を利用する以上、その交通事故の後から保険料が上がることはあり得ますが、必要があるのであればこの特約を利用することが考えられます。
また別のケースとしては交通事故後、日弁連の相談を利用するということも考えられるでしょう。

日弁連では弁護士のサポートを必要とする人隊に対して積極的なサポートを行っています。
そこではまだどこにも依頼をしていないこと、相談回数が5回以内であることなどの条件を満たしさえすれば、無料で相談をすることが出来るようになっています。

こうしたことは法テラスでも相談することが出来ますので、そもそもどこに依頼をすればよいのかわからない、依頼するべきなのかどうか判断が出来ないというような場合には非常に頼りになることでしょう。

交通事故の後処理は殆どの場合、非常にめんどうなものとなってきます。
一人だけで行おうとすると思わぬ落とし穴に落ちてしまうこともありますから、必要かどうかを検討のうえ、必要であれば専門家の力を借りるようにしましょう。

最近の投稿

Copyright © 2017 交通事故で死亡に至った場合、弁護士にどう頼るかAll Rights Reserved.