弁護士に相談

交通事故後は弁護士に相談することが必要

交通事故の被害に遭った場合には、出来るだけ弁護士に相談することが必要です。後々、加害者側と示談交渉をすることになりますが、相手の保険会社は交通事故の示談交渉のプロですので自分ひとりだけでしたら、相手の思惑通りに交渉を推し進められてしまう恐れがあります。ですので、こちら側も専門家である弁護士を用意して交渉に臨むことが重要です。

交通事故の被害に遭って怪我をした場合は、怪我の治療を最優先にして行います。治療費は全て加害者側に負担してもらえますので、しっかりと治療を受けることが重要です。ただしこの時に重要なことがあります。それは、必ず事故の直後には警察に連絡をして、交通事故証明書を発行してもらうことが必要です。この証明書が無ければ、適切な補償を受けられなくなってしまいます。たまに、加害者側から事故現場で金銭の受け渡しなどの話を持ち掛けられるケースもありますが、絶対に応じないことが必要です。特に身体に痛みなども無いから、その場の話し合いで済ませてしまいますと、後日痛みが発生した場合でも交通事故による怪我として認められません。

弁護士に依頼するタイミングは、怪我の治療を開始した段階に行うと良いです。加害者側との示談交渉は怪我の治療が終わった段階に行いますので、まだまだ先の話ですがなるべく早く相談しておいた方がスムーズに話が進みます。また示談交渉以外にも、治療費の適切な補償などに関して相手側の保険会社に掛け合ってもらう必要もありますので、弁護士には治療開始した時から、示談交渉の解決までお世話になることになります。

怪我の治療を終えた時点で、保険会社から示談金の提示がなされます。この時に提示される金額は、保険会社が独自の基準を用いて算出した金額ですので、相場よりも低い示談金額となっています。ですが、弁護士に依頼すれば裁判基準によって金額を算出して交渉してもらえますので、示談金額をアップさせられる可能性が高いです。

交通事故後には様々な手続きが必要となります。多くの人にとって交通事故は初めての経験になりますので、勝手がよく分かりません。その様な時でも弁護士に相談すれば、様々なサポートやアドバイスをしてもらうことが可能です。示談金も結果的に報酬額以上の増額を果たせるケースも多々有りますので、依頼するメリットは大きいです。また自身が加入している自動車保険に弁護士費用特約を付帯させておけば、自ら費用を負担する必要はなくなります。

最近の投稿

Copyright © 2017 交通事故で死亡に至った場合、弁護士にどう頼るかAll Rights Reserved.