示談交渉の為

交通事故の示談交渉の為には弁護士費用特約を付けておくことが重要

交通事故の被害に遭った場合は、加害者側と示談交渉を行う必要があります。加害者と被害者が明確に判明している場合でも、お互いに言い分が食い違うケースが多々有ります。その場合は様々な情報を基に加害者側と交渉を行う必要がありますが、殆どの人にとってその様な交渉ノウハウは持っていません。ですので、弁護士に交通事故の示談交渉を依頼する必要がありますが、費用負担を気にして依頼を躊躇する場合があります。その様な場合でも、自身が加入している自動車保険に弁護士費用特約を付帯させていれば、費用負担を気にすることなく依頼することが可能です。

弁護士費用特約は自動車保険や火災保険などに特約として付帯させることが出来ます。この特約を付けていれば、弁護士に対する報酬などを最高300万円を限度に負担してもらえます。任意保険ですので付帯させるか否かは申込者の自由ですが、たとえ付帯させたとしても保険料は年間で1,000円程度プラスされるだけですので、是非付帯させておきたいです。

交通事故の示談交渉は想像以上に負担が大きいです。お互いの金銭面の問題も発生しますので、たとえ自身が被害者で合ったとしても、こちらの要求が全て通る訳ではありません。弁護士に依頼した場合は、それら全ての交渉を一任することが出来ますので、負担はかなり軽減されます。

また負担軽減だけではなく、慰謝料を増額出来るなどのメリットもあります。加害者側の保険会社が提示してくる慰謝料の金額は、相場よりも低いことが多いです。その金額を過去の判例を用いて増額することが可能です。さらに交通事故によって怪我をした際に、一定期間治療を行ったとしても症状が残った場合は、後遺障害等級が認定されます。この後遺障害等級が認定されるか否かによって慰謝料は大幅に異なりますので、適切な後遺障害等級で認定してもらうことが非常に重要です。

このように交通事故の被害に遭った場合は、弁護士のサポートが非常に大きな力となります。しかし相談料だけでも1時間1万円と決して安くない費用がかかりますし、正式に依頼するとなると数十万円の費用を支払う必要があります。ただでさえ交通事故によって肉体的にも精神的にも負担を負っている中で、さらに金銭的な負担を負うことは出来るだけ避けたいです。その場合に弁護士費用特約が有れば、多くのケースで費用負担をしなくて済みますので、出来るだけ任意保険に付帯させておきたいです。

最近の投稿

Copyright © 2017 交通事故で死亡に至った場合、弁護士にどう頼るかAll Rights Reserved.