厚木エリアの一戸建ての価格

厚木エリアにおける一戸建ての価格

厚木エリアは神奈川県の中でも人気が高いエリアです。神奈川県と言うと、川崎市や横浜市などのエリアが人気が在るのですが、厚木エリアのうち海沿いのエリアは人気が高く、一戸建ての物件も数多く在るのが特徴です。

厚木と言うと、海をイメージする人が多いのですが、エリアとしての定義はなく、ここからここまでと言ったものが定められていません。また、住宅を建築する場所には用途地域が設けられており、一戸建て住宅を作ることが出来る用途地域は、第一種低層住居専用地域や第一種住居地域、第二種低層住居専用地域などそれぞれ指定された地域に建設を行う事が出来るのが特徴です。

因みに、住宅の用途地域の中には第一種中高層住居専用地域と呼ばれる地域が有りますが、この地域はマンションなども建設可能な地域で、2階建ての住宅の周りには7階建てのマンションを建設する事も可能になっているのが特徴です。

周りに大きな建築物が出来る事で日当たりなどの問題が起きる事からも、注意を要する用途地域でもあるのです。

一戸建てを購入する時は、物件の見学無しではありえませんので、見学をする時など周囲の環境などを確認したり、その住宅がある地域がどのような用途地域であるのかを確認しておくと安心です。

住宅環境の中に商業地域などが含まれることで賑やかさを持ちますので、事前確認は必須と言えるのです。

所で、一戸建てには新築の物件と中古の物件の二通りが有ります。一戸建ての価値と言うのは、土地とその上に在る建物になりますが、建物においては年数が経過する事で価値としては下がることになります。

その点、土地においての価値はそのまま継承されるもので、公示価格に準じた価値を持つのが特徴なのです。そのため、新築と中古物件の土地そのもの価値は同一であり、販売価格は土地の上に在る建物で決まることになります。

中古よりも新築の一戸建ての方が高い理由は、建物が新しいからで、建築年数が経過する事で徐々に建物の価値は少なくなるわけです。

また、一戸建ての土地と言うのは、南向きや南東角地などように、方角や土地のある環境により価格も変わります。更に、土地の形についても価格に大きく影響を及ぼすもので、四角形や台形、旗竿地、不整形地と言った形の種類により価格も変わって来ます。

一番良い土地と言うのは四角形や正方形の土地であり、これに続いて台形などの形が良いとされているのです。一戸建ての物件見学の時は、この土地の形状についても確認をしておくことが大切です。”

サイトマップ

コンテンツ

Copyright © 2018 厚木の一戸建てについて分かりやすく解説しますAll Rights Reserved.