交通事故

交通事故の慰謝料は弁護士基準で算出する

交通事故の被害に遭った場合には、加害者側jから賠償金を支払ってもらうことになります。この賠償金には、怪我の治療費や入通院費、休業損害、慰謝料などが含まれています。治療費や入通院費など金額が明確な分に関しては特に問題はありませんが、慰謝料の算出は少し難しいです。その為、出来るだけ示談交渉には弁護士を依頼して行う方が良いです。

慰謝料とは交通事故によって被害者が受けた精神的苦痛に対する、金銭的な補償の意味合いがあります。精神的な苦痛は人それぞれ感じ方が異なりますので、慰謝料の金額もケースバイケースで異なるように思いますが、実は慰謝料には大凡の相場があります。ですので、相場に沿った金額を用いて加害者側と交渉することが必要となります。

交通事故の慰謝料の相場には3種類あります。一つ目は自賠責基準で、誰でも必ず加入している自賠責保険によって受けられる補償です。一日あたりの慰謝料額は4,200円に決められており、日数は入通院の実日数を二倍した日数か、治療期間のどちらか短い日数が採用されます。ただし自賠責保険で支払われる金額には上限が設けられており、治療費や入通院費など保険会社から支払われる金額が120万円を超えた場合は、この自賠責基準を採用することは出来ません。

二つ目には任意保険基準があります。この算出方法は、保険会社が独自の基準を用いて慰謝料の金額を算出しています。保険会社としては出来るだけ支払う慰謝料を少なくしたいとの思いがありますから、この方法によって算出された慰謝料は被害者にとっては決して満足出来る金額ではありません。

最後の三つ目は弁護士会基準です。三つの算出方法の中で最も慰謝料の金額が高いですし、過去の判例などを基に金額を算出していますので妥当性があります。ただし個人がこの算出方法を用いて、加害者側と交渉することは難しいです。なぜなら、算出した慰謝料の金額の根拠を示す必要がありますので、必ず弁護士に依頼して交渉することが必要となります。

交通事故の被害に遭った場合は、肉体的にも精神的にもダメージを負ってしまいます。それを多少なりとも補う為に賠償金や慰謝料がありますので、正当な金額を受け取ることが重要です。殆どの人にとって交通事故の示談交渉は初めての経験となりますし、法的知識や交渉ノウハウを持ち合わせていません。自分ひとりで交渉を行うとなると精神的な負担も大きくなりますので、必ず弁護士に依頼するようにしたいです。

最近の投稿

Copyright © 2017 交通事故で死亡に至った場合、弁護士にどう頼るかAll Rights Reserved.